施工地域の都道府県を右から選択して下さい。

お気に入りに追加♪

建ナビネット
  初めにお読み下さい
  最新情報
全国版
  住宅見学会情報
  地元工務店の施工例
完全無料ユーザー登録
もしもの時のお見舞金
  ユーザー登録
  登録情報の確認・更新
  トラブル発生報告
どんな家にしようか?
どんな住宅があるの?
住宅の基礎知識。
  どんな住宅があるの?
  住宅内観スタイル
  住宅の工法と構造
  欠陥住宅について知る
  大切な住宅保証機構
  新築住宅のお金を知る
  各坪数ごとのプラン例
注文住宅の家づくりの
初めから〜終わりまで
  注文住宅スケジュール
  土地探しから始める方
  住宅会社の選び方
  住宅会社とコンタクト
  申込みから契約前まで
  契約から着工前まで
  着工からお引渡し
  住宅完成後の問題
 家づくりの参考に!
  家づくりの参考に!
  家づくりの基本Q&A
  住宅ローンについて
  家づくりの家相と風水
  家づくりのための書籍
  間取り作成ソフト紹介
  家づくり経験者の声
  家づくり関連リンク
住宅設備機器
  住宅設備・オール電化
  システムキッチン
  システムバスルーム
  洗面化粧台
  トイレ
建設会社様・工務店様
  サイト登録はこちら!
  会員用お問い合わせ
当サイトにつきまして
  プライバシーポリシー
  お問い合わせ
  家づくり質問コーナー
  欠陥問題会社報告
  当サイトへのリンク
  相互リンク1 リンク2 3

新築一戸建て住宅・リフォームをご検討の皆様に!一戸建て住宅の家づくりの基本Q&A
- 新築一戸建て住宅の家づくりの基本Q&A -

新築一戸建て住宅のための家づくりのQ&A
家づくりにおいては、誰もが抱く疑問などがいくつかあると思います。
それらを、Q&A形式で掲載しています。
誰もにとって参考になればと思います。
(一部他のページで説明している事などで、重複している内容もあります。)

Q:借家と持ち家、将来を見据えたらどちらが得ですか?

A:すでに一戸建て住宅に住むと決められている方はいいですが、
このまま、借家のままにしようか、それとも自分でも一戸建て住宅を購入できるのかに悩んでいる方。

もちろん、それぞれの方の収入や家族構成などの違いから、一戸建て住宅の購入が出来る可能性のある方と、どうしても無理な方は決まってしまいます。

しかし、当サイトを見ている段階で、貴方は一戸建て住宅購入が出来る可能性を感じているのではないでしょうか?
その場合、基本的には一戸建て住宅の持ち家を持つ方が得になります。

なぜなら、借家での支払いのお金は財産として残りませんが、
一戸建て住宅での支払いのローンは、最終的に一戸建て住宅と言う財産として残るからです。

次の例を参考にして下さい。
30歳〜80歳まで、月5万円の借家に住む場合の合計支出は¥3000万円です。
(年間¥60万円×50年=¥3000万円、で財産として何も残りません。)
一方、
30歳〜65歳まで、月7万円の35年ローンの場合に購入できる、土地+一戸建ては、
¥2940万円です。(年間¥84万円×35年=¥2940万円)
つまり、土地¥1200万円+一戸建て¥1740万円の家が購入出来て、
それが財産として残り、65歳以降の年金暮らしの時には、ローンも全て終わっているのです。

どうでしょうか、同じ¥3000万円で考えても、一戸建て住宅を購入する事の方が、
断然得となるのです。
ご自身の支払えるローンをよく考えて、今だけを考えずに、将来も見据えた人生設計が大切です。

Q:建売住宅と注文住宅どっちが良いの?

A:建売住宅とは、一戸建てとして間取りなど決まった既に完成している土地付きの家を購入する事です。ある意味マンション選びと似ています。

坪数や外観・間取り・庭の広さ・価格が決められた中から、どの建売住宅を選ぶかです。
特に間取りや細かな要望にこだわりが無い方、建売住宅で十分な物件が見つかった方は、建売住宅でも満足が得られます。
※建売住宅は、既に完成している家ですので、手抜き工事がなされて無いかのチェックができないために優良物件かどうかの判断はなかなか難しい事です。

注文住宅は、家の坪数から間取り、細かなこだわりなど自由設計による希望の家が建てられる事です。
一戸建て住宅購入は、多くの方にとって一生に一度の大切な買い物です。
出来ればご家族の希望を取り入れて、こだわりたいところを大切にして建てたい家だと思います。
それを叶えるには注文住宅の魅力は大きいと思います。

Q:シックハウスとならない家を建ててくれる?

A:シックハウス症候群については、各住宅会社がどれだけ配慮しているかはまちまちです。建築を依頼しようと考えている会社に、シックハウスについてどの様な対策を取っているかを聞きましょう。

シックハウスの問題がテレビなどで取りざたされてからは、断熱材や建材、クロスの接着剤などに悪影響のある化学物質などが少ない物へとの改良は進んでいます。
ただし、いくらシックハウスに配慮している会社でも、完璧には出来ません。

特にシックハウスを避けたい方は、以下の方法などで、化学物質の低減策があります。
1.間取りプランで、風通しを配慮した窓の配置を考えてもらう。
2.家全体の換気を配慮した良い提案をしてもらう。
3.24時間換気システムの導入。
4.有害物質が少ない接着剤や放散が少ない建材などの使用について検討してもらう。
5.断熱材はシックハウス対策☆☆☆☆(エフ・フォースター)仕様のロックウールで。

Q:結露のひどいアパートに住んでいたけど、結露の無い家は造れますか?

A:建築を依頼しようと考えている会社に、結露に対する対策を聞いて下さい。
断熱材の品質の高さ(フォースター等級)、ペアガラスのサッシの使用などについての回答を頂ければ、ある一定の基準を満たした結露対策の家を建ててもらえると思って良いでしょう。

ただし、結露を防止するためには日常生活のなかでできるだけ「換気」を心がけることが大切です。また、いくら結露に特化した家でも、冬場にストーブの上に常時ヤカンでお湯を沸かしっぱなしなどは、結露の元です。

Q:とにかく欠陥住宅となってしまう事が不安なのですが?

A:大切なご自身の家が欠陥住宅だったなんて事は、悩み苦しんでしまいます。
当サイトでは、欠陥住宅を建てない地元建設会社・地元工務店のみを掲載紹介する事に努めています。第三者機関の住宅保証機構をはじめとする当サイトの取り組みをご覧下さい。「トップページ」・「大切な住宅保証機構」ページをご覧下さい。

Q:木造住宅の耐震性に不安があるのですが?

A:木造住宅は耐震性が心配、特別な耐震構造仕様の技術を持った大手ハウスメーカーの住宅の方が安心と思う方も多いでしょう。

しかし、今では、木造住宅でも、改正されてきた建築基準法に基づいて、 耐震性が向上しています。

阪神・淡路大震災の犠牲者のうち,約8割が住宅・建築物の倒壊に巻き込まれての窒息死,圧死でした。では、木造住宅を建てても阪神・淡路大震災の様な地震が来たら、せっかくの我家もつぶれてしまうのか?

実は、住宅・建築物に関する耐震性の基準は,昭和56年に改正されています。
阪神・淡路大震災で倒壊した住宅・建築物の多くは昭和56年の改正基準以前のものであったのです。

昭和56年の改正以降に建てられた住宅・建築物は阪神・淡路大震災の際にも一定の安全性が確認されているのです。

また、阪神・淡路大震災により、建築基準法はさらに強化されていますので、木造住宅でもさらに安心できる基準に達しているのです。

現在では建築基準法に基づいて、鉄筋コンクリートを使った基礎工事の強度が向上しています。
柱・梁・筋交い同士のジョイント部分の金物などが、昔に比べてより構造を強くする物になっているのです。

新築住宅の実際の現状を見てもも、約7割が木造軸組工法住宅なのです。

Q:オプション工事、オプション費用とは?

A:オプション工事、オプション費用とは何で、いくらぐらい追加される費用なのかですが。

実は、このオプション費用は、会社によってオプション費用とするものとしないものがまちまちなのです。

ちなみにオプション費用とされる可能性のあるものを上げますと。
解体工事、仮設工事、地盤調査費、屋外工事(電気・ガス・給排水の引込み工事)、
外構工事、照明器具、カーテン、現場管理費、確認申請費、などがあります。

多くの住宅会社において、屋外工事(電気・ガス・給排水の引込み工事)はオプション工事とされる事が多いようです。これらは、引き込みの距離により金額が変わりますので、オプションとされるのです。おおよそ、150万円〜200万円ぐらいは想定しておきましょう。

どれが本体価格に含まれていて、どれがオプション費用かは、
必ず住宅会社に確認して下さい。
そして最終的に全て含めての総額(消費税込み)がいくらになるかを知る事が大切です。

また、土地の地盤調査の結果、軟弱な土地と判明した場合は、
地盤改良工事が必要となり、50万円〜100万円ぐらい必要となる場合もある事を、
知っておいて下さい。

Q:実際に家が完成して住めるまでにはどの位の期間がかかりますか?

A:家づくりに掛かる一般的なスケジュールは
1.家造りのご相談を頂いてから、契約前の打ち合わせに、2ヶ月ぐらいを目安に。

2.契約後、間取りプランや細かな仕様を決めながら
  最終段階の図面が仕上がるまでに、2ヶ月ぐらいを目安に。

3.工事に着工し、各種検査や登記などをすべて終了し、
  実際に住める段階までに、3〜4ヶ月ぐらいを目安に。

4.お宅の家を住宅見学会として使わして下さいと住宅会社から
  頼まれる場合があります。
  この場合2週間から1ヶ月ほど、お引き渡しが遅れる事を了承しておきましょう。
  もちろん、住宅会社からなんらかのサービスを頂けると思いますが?

よって、住宅会社への相談から実際に住むまでは、8ヶ月前後を見ておくと良いでしょう。

先にも述べました様に、まず良いと思った住宅施工会社を決めてから、その会社に土地探しをしてもらうと、上記のような色々な知識もふまえて土地探しをしてもらえるので、何かと便利だと思います。

   
- 新築一戸建て住宅の家づくりの基本Q&A -
全国の安心建設会社検索・安心工務店検索
北海道 [ 北海道 ]
東北 [ 青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県 ]
関東 [ 茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県 ]
中部 [ 新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 山梨県 | 長野県 | 岐阜県 | 静岡県 | 愛知県 ]
近畿 [ 三重県 | 滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県 ]
中国 [ 鳥取県 | 島根県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県 ]
四国 [ 徳島県 | 香川県 | 愛媛県 | 高知県 ]
九州 [ 福岡県 | 佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県 ]
沖縄 [ 沖縄県 ]
全国の安心建設会社一覧・安心工務店一覧

最新情報発信室
情報発信ブログ
質疑応答しゃべり場
 

 

Copyright© 2008 建ナビネット All Rights Reserved.