施工地域の都道府県を右から選択して下さい。

お気に入りに追加♪

建ナビネット
  初めにお読み下さい
  最新情報
全国版
  住宅見学会情報
  地元工務店の施工例
完全無料ユーザー登録
もしもの時のお見舞金
  ユーザー登録
  登録情報の確認・更新
  トラブル発生報告
どんな家にしようか?
どんな住宅があるの?
住宅の基礎知識。
  どんな住宅があるの?
  住宅内観スタイル
  住宅の工法と構造
  欠陥住宅について知る
  大切な住宅保証機構
  新築住宅のお金を知る
  各坪数ごとのプラン例
注文住宅の家づくりの
初めから〜終わりまで
  注文住宅スケジュール
  土地探しから始める方
  住宅会社の選び方
  住宅会社とコンタクト
  申込みから契約前まで
  契約から着工前まで
  着工からお引渡し
  住宅完成後の問題
 家づくりの参考に!
  家づくりの参考に!
  家づくりの基本Q&A
  住宅ローンについて
  家づくりの家相と風水
  家づくりのための書籍
  間取り作成ソフト紹介
  家づくり経験者の声
  家づくり関連リンク
住宅設備機器
  住宅設備・オール電化
  システムキッチン
  システムバスルーム
  洗面化粧台
  トイレ
建設会社様・工務店様
  サイト登録はこちら!
  会員用お問い合わせ
当サイトにつきまして
  プライバシーポリシー
  お問い合わせ
  家づくり質問コーナー
  欠陥問題会社報告
  当サイトへのリンク
  相互リンク1 リンク2 3

新築一戸建て住宅・リフォームをご検討の皆様に!注文住宅の住宅会社とのコンタクト
- 新築一戸建て注文住宅の住宅会社とのコンタクト -

新築一戸建て注文住宅のためのお住まいのご相談
すでに住宅見学会などから営業マンとも気軽にお話できる関係になっているかもしれませんが、改めて、住まいづくりの相談をお願いしましょう。

たとえお客様であっても、営業マンには礼儀を持って接しましょう。
営業マンも1人の人間です、気持ちが通えば、サービスをしてあげたいと思う物です。
接し方一つで、契約の段階で20万円ぐらいの部分をサービスしてもらえる場合もあるかも?しれません。

ご相談の日時を決めて、お客様の思い描かれている理想の住まいやご要望など、営業マンに伝えたい事をまとめておきましょう。

1.住まいの相談打ち合わせ
住まいの相談打合せは、会社にもよりますが、
住宅会社の事務所または現在の貴方のお住まいのどちらかになります。
(一度は、住宅会社の事務所で打合せをしましょう。その会社のスタッフや会社の雰囲気から、その会社のイメージの良さを見ることも大切です。)

打ち合わせでは、言い忘れの無いように、要望は全て伝えましょう。
○ご家族の生活スタイルに合う間取り
○今まで住んできた家の経験から、結露の無い家であることなどの希望
○条件に見合う土地探し(土地を探している方)
などから、営業マンのアドバイスをちゃんと聞いて、理想の家をイメージしていきましょう。

2.敷地確認
敷地を見てもらいます。
敷地の条件次第で、どんな家が建てられるかが決まります。
敷地の正確な寸法・建ぺい率・容積率の調査により、その敷地に建てられる家の延床面積と1階の建築面積の、建築可能最大坪数が決まります。
各エリアごとに建ぺい率と容積率が規定されています。これらを調べてもらいます。
※敷地の条件次第により、家の間取りプランに制限が出る場合があります。

3.資金計画のご相談
お客様のご予算を伝えます。
ここでは、年収やボーナスについても伝えましょう。
(親からの援助を得られる場合は、それらの金額も伝えましょう。)
良心的な住宅会社ですと、お客様の無理とならない資金計画を提案して頂けます。

また、建物・土地以外の、引っ越しの費用・家具の費用・各種税金など「諸費用」についても、アドバイスを頂きましょう。

敷地による別途費用の確認
敷地に上水道・下水道・ガスなどの引き込み工事が必要となりますが、
その引き込み距離により、金額が50万円〜150万円ぐらいの費用が必要となります。
その金額がいくらになるかを確認しましょう。

4.オリジナルプランのご提案
お客様からの各種ご要望と敷地調査に基づいて、お客様に合う間取りなどのプランを提案してもらいます。
間取りプラン・見積り・資金計画書などを提案してもらいます。

新築一戸建て注文住宅のための間取りプランの決定まで
注文住宅の希望坪数、間取りの要望、予算などを伝えて、間取りプランの提案をしてもらいます。

すでに、間取り作成ソフトなどご自身で提案した間取りがありましたら、見てもらいそれを検討していきましょう。

それでは、あるお宅の間取りの決定までのシミュレーションを参考に見て下さい。

30代のご夫婦と3人のお子さんのご家族が、延床面積が40坪ぐらいで2000万円以内でが基本とした希望であり、以下のご希望から始まりました。
1.キッチンは対面キッチンで
2.リビングは広くしたい
3.和室は一部屋欲しい
4.2階は、主寝室と子供部屋が3部屋
5.2階に、バルコニーが欲しい

上記希望からまず、以下の間取りプランを提案しました。
新築一戸建て住宅間取りプラン例
新築一戸建て住宅間取りプラン例
一つの間取りプランを見る事から、本当の希望するところが出てくる事はけっこうあります。

この一つの間取りプランを見て頂いてから、お客様の方でも色々お考えになって、
さらに細かな要望が出てきました。
1.対面キッチンの希望は前回と変わらず
2.もっとリビングを広くしたい
3.和室はリビングの隣になるように
4.2階への階段は、リビング内階段にしたい
5.エントランス・サイド・クローゼットが欲しい
6.1階のトイレ出口に洗面台が別で欲しい
7.2階の子供部屋を2部屋にし、1つは2人部屋の広めの子供部屋に(ロフト付き)
8.2階に、フリースペースとなる広めのホールが欲しい

上記希望から、以下の間取りプランを提案しました。
新築一戸建て住宅間取りプラン例
新築一戸建て住宅間取りプラン例
この間取りプランを大変気に入って頂き、このプランでお話を進める事に決まりました。
(約40坪)

変更希望点
1.1階トイレ出先の洗面所は、トイレ内に洗面を入れて、収納に変更したい
2.ダイニングをもう少し広くして、キッチンをもう少しコンパクトにして良い
3.勝手口が欲しい
4.リビング外にウッドデッキが欲しい

上記変更希望から、以下の間取りプランを提案しました。
新築一戸建て住宅間取りプラン例
新築一戸建て住宅間取りプラン例
1階トイレ出口の部分を収納とした事により、洗面所入り口は引き戸にして、
キッチンはL型キッチンにコンパクトにした分ダイニングが広くなり、
リビング外のウッドデッキも取り入れました。
(このサイズのウッドデッキなら、材料の選択にもよりますが、30万円〜40万円ぐらいです。)

ここまでで、かなり気に入って頂きました、最後は微調整の要望です。
1.エントランス・サイド・クローゼットを少し狭くする分、玄関を広くしたい
2.2階の主寝室のウォークインクローゼットの入り口をコンパクトにしたい

上記変更希望から、以下の間取りプランを提案しました。
新築一戸建て住宅間取りプラン例
新築一戸建て住宅間取りプラン例
最終的に、この間取りプランでご満足を頂きました。

このような、間取りの決定までのシミュレーションを見て頂いた様に、
間取りプランを決めるには、何度も営業マンと話し合いながら、
また、アドバイスをもらいながら、納得のいく間取りプランを決めて下さい。

新築一戸建て注文住宅のお見積り
満足のいく間取りプランが出来たら、そのプランの概算見積りを出して頂きましょう。

地元建設会社・地元工務店により、それぞれ標準とする仕様があります。
建材や材木など、会社ごとに大きな差はありません、
値段で差が出るのは、システムキッチンやユニットバスルームの選択です。

システムキッチンやユニットバスルームは、メーカーやグレートなどにより、かなりの価格差があります。
基本は、その住宅会社の標準のシステムキッチン・ユニットバスルームで見積りされる場合がありますが、希望があれば、どのメーカーのどのグレードが良いかを伝えましょう。
住宅設備・オール電化」ページを参考にして下さい。
ただし、ここまでは概算見積りです、
基本的には、各仕様など細かい点は、基本設計のお申し込み後にするのが通常です。

さて、概算見積りを頂いたとき・・・・・納得の金額でしょうか?

この時に注意しなければいけない点があります。
概算見積りと言えども、
オプション工事などのオプション費用を全て含んだ総額であるかどうかです。
照明器具・カーテン・屋外引き込み工事(電気・ガス・上下水道)なども含まれているのかを必ず確認して下さい。(これだけでも、200万円〜300万円前後のお金が掛かります)
また、「他にも何か料金が発生するものがありますか?」と聞いて下さい。

概算見積りと言えども、300万円分ものオプション費用を隠されてはたまったものではありません。

さて、概算見積りが、予定資金を超えているかどうかです。

基本的に、40坪で2000万円の家は妥当なラインです。
初めの相談の段階で 40坪で2000万円以下の家との話であれば、
おおよそ、見積金額は2000万円前後で出て来ます。

特に大きな相違が無ければ、基本設計の申込みです。

新築一戸建て注文住宅のための基本設計申込み
間取りプラン・概算見積り、を頂いた段階では、 最終的に一戸建て住宅を依頼する会社を1社に決める時です。

2・3社から、間取りプラン・概算見積りを出してもらった方は、その中で一番良いと思った住宅会社を決めましょう。

ここで1社に決める理由は、次の基本設計の申込みでは、お金が必要になるからです。

上記の様なパソコンソフトによる間取りでは無く、建物の平面図・立面図・断面図、性能・仕様・設備の概要をまとめた正式図面の作成を依頼することになります。

ここで、基本設計の申込み料金ですが、実は、各住宅会社によりまちまちです。
安いところでは、10万円ぐらいですが、住宅会社によっては、数十万円となる場合もあります。

家づくりの大切なパートナーとなる住宅会社を決める時ですので、
本当にこの会社だと決めたら、基本設計のお申し込みをしましょう。

(土地探しが必要だった方は、基本設計の申込みの前に、土地の契約を済ませておきましょう。)

 

   
- 新築一戸建て注文住宅の住宅会社とのコンタクト -
全国の安心建設会社検索・安心工務店検索
北海道 [ 北海道 ]
東北 [ 青森県 | 岩手県 | 宮城県 | 秋田県 | 山形県 | 福島県 ]
関東 [ 茨城県 | 栃木県 | 群馬県 | 埼玉県 | 千葉県 | 東京都 | 神奈川県 ]
中部 [ 新潟県 | 富山県 | 石川県 | 福井県 | 山梨県 | 長野県 | 岐阜県 | 静岡県 | 愛知県 ]
近畿 [ 三重県 | 滋賀県 | 京都府 | 大阪府 | 兵庫県 | 奈良県 | 和歌山県 ]
中国 [ 鳥取県 | 島根県 | 岡山県 | 広島県 | 山口県 ]
四国 [ 徳島県 | 香川県 | 愛媛県 | 高知県 ]
九州 [ 福岡県 | 佐賀県 | 長崎県 | 熊本県 | 大分県 | 宮崎県 | 鹿児島県 ]
沖縄 [ 沖縄県 ]
全国の安心建設会社一覧・安心工務店一覧
最新情報発信室
情報発信ブログ
質疑応答しゃべり場
 

 

Copyright© 2008 建ナビネット All Rights Reserved.